システムトレードって楽しい!」をすべてのシステムトレーダーに。

システムトレードの魔術師 > 至高のシステムトレード

至高のシステムトレード

更なる成長を望む人が読むシストレ本

「入門本のような本ではなく、もう1歩先の生きた知恵を手に入れたい!」
「今後のシステムトレードに役立つ実践的な"良書"はないものか?」

至高のシステムトレード

ここでは、自動売買・システムトレードをさらなる高みへと連れていってくれる奥が深く、専門性の高いシステムトレード本をご紹介させて頂きます。あなたのシステムトレードが、輝く未来をつくり出す相棒となりますように。

売買システム入門の詳細とレビュー

メカニカル・システムトレーディングの王道

売買システム入門 − 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

書籍概要
書籍名
売買システム入門
- 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ! [単行本]
著者
トゥーシャー シャンデ (著), 鶴岡 直哉 (著), Tushar S. Chande (著)
翻訳
-
価格
¥8,190円 (税込)
単行本
352ページ
出版社
パンローリング; 第1版 (2000/09)
内容
レッスン1
第1章 トレーディング・システムの開発と実行
レッスン2
第2章 トレーディング・システムデザインの原則
レッスン3
第3章 システムデザインの基礎
レッスン4
第4章 トレーディング・システム開発
レッスン5
第5章 トレーディング・システムのバリエーションを構築する
レッスン6
第6章 資金残高曲線分析
レッスン7
第7 章 マネーマネジメントの概念
レッスン8
第8章 データスクランブル
レッスン9
第9章 トレーディング面でのシステム
シストレばかの書籍レビュー

本書は勝つトレーディング・システムを生み出すための、
手順を1から詳細に解説してくれているシステムトレード本です。

著者は高名なシステム開発者であるトゥーシャー・シャンとなります。

トレードの基本原則に始まり、システム構築の手順・検証方法など、
トレーディングシステムについて、
これだけ詳細に書き上げられている書籍はありません。

簡潔かつ完璧な本書を拝見して頂ければ、
中級者〜経験者の方は、システムトレードの優位性を知ることができ、
なおかつ、生き続ける知恵を得ることが可能です。

10段階評価で表せば、この本の評価は最高評価の「10」です。

タイトルに入門本として使用されていますが、
この1冊だけを完全に習得することができれば、
トレーディング知識に対する知恵を抑えたも同然です。

それ程、クオリティーの高い内容を誇る書籍であり、
また、簡単には取り入れるのが難しい部類に入るのかも知れませんね。

ステップアップを心掛けている方は、是非、一度手に取られてみてくださいね。

売買システム入門の詳細はこちらから>>

日本テクニカル分析大全の詳細とレビュー

投資理論とその手法を実戦的に解明

日本テクニカル分析大全

書籍概要
書籍名
日本テクニカル分析大全
著者
日本テクニカルアナリスト協会 (編集)
翻訳
-
価格
¥6,825円 (税込)
単行本
685ページ
出版社
日本経済新聞社 (2004/08)
内容
レッスン1
第1部 テクニカル分析の意義
レッスン2
第2部 相場の性格と局面
レッスン3
第3部 テクニカル分析の手法
レッスン4
第4部 体系化されたチャート
レッスン5
第5部 相場環境の分析
シストレばかの書籍レビュー

本書はテクニカル分析の意義に始まり、
相場の分析と局面、 テクニカル分析の手法など、
チャーチストには金字塔となり得る構成となっているのが嬉しいですね。

伝統的な技法から実践的な投資手法まで、
本当に細かい字で詳細に書いてくれているのが特徴です。

本書は685ページから成り立っていますので、
すぐに習得できるような内容ではありませんが、

独自トレーディングシステムの構築のために、
テクニカル分析を本気で勉強したいという方に最適です。

10段階評価で表せばこの本の評価は最高評価の「10」です。

シストレばかが手に取った中のテクニカル分析本では、
これほど素晴らしい書はありませんでした。

洗練されたシステムトレーダーを目指している方は是非チェックされてください。

ただ、株価はテクニカル面だけで動くわけではありませんから、
ファンダメンタルズ面も勉強してゆくと、
あなたのトレードスタイルに相乗効果を生み出しますよ。

日本テクニカル分析大全の詳細はこちらから>>

トレーディングエッジ入門の詳細とレビュー

優れたエッジはどこか? そのヒントを詳細に解説。

トレーディングエッジ入門―利益を増やしてドローダウンを減らす方法 (ウィザードブックシリーズ138)

書籍概要
書籍名
トレーディングエッジ入門
―利益を増やしてドローダウンを減らす方法 (ウィザードブックシリーズ138)
著者
ボー・ヨーダー (著), 長尾 慎太郎 (監修)
翻訳
井田 京子 (翻訳)
価格
¥3,990円 (税込)
単行本
225ページ
出版社
パンローリング (2008/5/16)
内容
レッスン1
第1章 「エッジ」とは何か
レッスン2
第2章 ペイアウトサイクルとペイバックサイクル
レッスン3
第3章 選択的な攻撃性
レッスン4
第4章 トレード計画を立てる
レッスン5
第5章 自分のエッジを活用する
レッスン6
第6章 トレーダーか、投機家か、それとも投資家か
レッスン7
第7章 マーケットはなぜ動くのか
レッスン8
第8章 多数派は常に間違っている
レッスン9
第9章 パターン認識のワナ
レッスン10
第10章 高値と安値を観察する
レッスン11
第11章 自分はどのようなタイプのトレーダーか
レッスン12
第12章 マネーマネジャーを雇う
レッスン13
第13章 まとめ
レッスン14
第14章 幸運と素晴らしいトレーディングを祈る
シストレばかの書籍レビュー

本書は統計的確率の優位性と人の行動によって予測する事ができない
マーケット(市場)に応用する方法を教えてくれる内容となっています。

株式、先物、FXなどの市場で戦うトレーダーにピッタリ合っている章立てですね。

本書を手に取る事で、仕掛けのための正確なタイミングを理解する事ができ、
なおかつ、成功したトレーダーたちがエッジ分析を通して、
達成して発見したことを、得る事が可能です。

何度も読み返したくなる書籍の代表的な存在だと思います。

10段階評価で表せばこの本の評価は、「9」です。

システムトレーダーとして戦略開発に明け暮れるのも大切ですが、
それ以上に、非効率を理解することは利益を生み出すために、
トレーダー(投資家)として必須のスキルと言えるのではないでしょうか。

一般的な書籍に比べれば、少し割高な価格に感じてしまうかも知れませんが、
その分、手元に置いておきたくなるような、
暖かさを、感じることができると思いますよ。

是非、どのようなトレードに優位性があるのか? を追求されてみてくださいね。

トレーディングエッジ入門の詳細はこちらから>>

FXトレーダーの大冒険の詳細とレビュー

FXトレーダーの気持ちをくすぐる暖かい書

FXトレーダーの大冒険 (ウィザードブックシリーズ)

書籍概要
書籍名
FXトレーダーの大冒険 (ウィザードブックシリーズ)
著者
ロブ・ブッカー (著), ブラッド・フリード (監修)
翻訳
スペンサー倫亜 (翻訳)
価格
¥3,990円 (税込)
単行本
374ページ
出版社
パンローリング (2010/1/19)
内容
レッスン1
びっくりするような大きな利益を求めて
レッスン2
明るい未来
レッスン3
31階への旅
レッスン4
明るい2つの会話
レッスン5
教訓を学ぶ
レッスン6
悪い展開
レッスン7
悪夢から目覚める努力
レッスン8
チャーリー・フランク、USナショナルバンクへ行く
レッスン9
新しい人生設計
レッスン10
チャーリー・フランク、師匠に出会う〔ほか〕
シストレばかの書籍レビュー

本書は、トレード(投資)で生計を立てるために一体何が必要かということについて、
まったく理解できていなかった著者が、
どのように収益を上げられるようになったかについて詳しく解説されています。

著者のロブ・ブッカー(Rob Booker)は、
現役のFXトレーダーであり世界中のトレーダーから信頼をおかれる著名人です。

シストレばかは、最近、この書籍を拝見させて頂きましたが、
どのようにその利益を上げたかだけではなく、
得た利益を維持する方法についても詳しく描かれているのに共感を得ました。

フルタイムトレーダーには、何が必要で不必要なのか?
三流トレーダーが一流トレーダーに生まれ変わるには?

など、本書を手にした方は、共鳴できる部分が多々あると思います。

トレード(投資)という存在は始めるのも終わらすのも自分次第です。

負けが立て続けにあってしまった場合に撤退するのも自由ですし、
また、精神をクリアな状態にできたら、
再度、チャレンジするというのも、もちろんOKです。

10段階評価で表せば、この本の評価は、最高評価の「10」です。

FXで努力を重ねてゆきたいという方にピッタリ合っていますね。

FXトレーダーの大冒険の詳細はこちらから>>

トレーディングシステム徹底比較 第2版の詳細とレビュー

戦略・開発・検証を志すトレーダーを刺激する

トレーディングシステム徹底比較 第2版 − 日本市場の全銘柄の検証結果付き

書籍概要
書籍名
トレーディングシステム徹底比較 第2版
日本市場の全銘柄の検証結果付き [大型本]
著者
ラーズ ケストナー (著), Lars Kestner (著)
翻訳
柳谷 雅之 (著)
価格
¥ 20,790円
単行本
429ページ
出版社
パンローリング; 第2版 (2000/07)
内容
レッスン1
第1章 システム(標準対照システム―様々な著者たち
ロバート・バーンズ著『ちゃぶつきやすい相場での売買』
ジェイク・バーンスタイン著『短期先物取引』 ほか)
レッスン2
第2章 評価(複数枚数取引システムの成績一覧(売買コスト0)
複数枚数取引システムによる純益の順位表(売買コスト0)
純益の度数分布 ほか)
レッスン3
第3章 結論(検証したシステムの全体的な成績に関するコメント
これからどうするべきか)
シストレばかの書籍レビュー

本書は、トレード(投資)の代表的な戦略が39個掲載されている戦略・開発本です。
システムトレーダーにとって、最大の関心事は自分にピッタリのシステム開発・探求です。

現在は、まったく機能しないシステムから、
少し手直しすれば良いヒントとなる戦略まで、
勉強家の方にとっては、とても良い刺激を与えてくれる内容に仕上がっています。

ソースが掲載されていますので、「TradeStation」(トレードステーション)や、
「MultiCharts 日本語版」(マルチチャート)を保有されている方は、
自分自身の目と手で、しっかりと検証する事ができますよ。

ただ、書籍としては高額な部類と入りますので、
なかなか、手にするのが億劫になってしまうと思います。

中古品でも、特に問題はありませんので、
自分の視野を広げたいと願う方は、是非チャレンジされてみてくださいね。

10段階評価で表せば、この本の評価は「9」です。

収益を高め損失を減らしたいとお考えの方には必須ですね。

トレーディングシステム徹底比較の詳細はこちらから>>

シストレ・自動売買の本質が分かる至高のシステムトレード本一覧表

瞬間の興奮によって日々を過ごしている方は次のステップへ

システムトレード戦略のステップアップ

システムトレード(統計学重視)戦略の魅力にどっぷりとつかった方なら、次のステップを目指すために、専門性が高い良書からヒントを授かるのが最適です。特に『売買システム入門』は、一度はチェックしておきたいトレード(投資)本の代表格だと思います。

ただ、理解する事ができなければ、学びは楽しくなりませんから、
あなたの段階に合った書籍からスタートされてみてくださいね。

読書は現実世界では会うことのできない先人達と触れ合える!

読書の魅力を説明

書籍を読むようになりますと、自然とトレード(投資)に対する視野が広がりますしオリジナルのアイデアも生まれてくるものです。また、読書をしている方ってお話しをしていても楽しいですよね。

10年前の投資家や、はたまた50年前の先人達に出逢う事ができますので、是非、金言を手にできるよう一歩ずつ進めてゆかれてください。

書籍名 価格 対象
売買システム入門 [詳細] 8,190円 上級者
日本テクニカル分析大全 [詳細] 6,825円 初心者〜中級者
トレーディングエッジ入門 [詳細] 3,990円 初心者〜中級者
FXトレーダーの大冒険 [詳細] 1,785円 初心者〜中級者
トレーディングシステム徹底比較 [詳細] 10,290円 初心者〜上級者

投資本 (Books)カテゴリー 一覧表

統計学を重視するFX自動売買・システムトレード

毎日コツコツ稼げるFX自動売買・シストレ超初心者も安心できるFX会社

外為オンライン / iサイクル注文

外為オンラインが提供する人気のiサイクル注文は特許を取得し47万口座を達成しました。連続発注機能シストレは時間の無い方や初心者の方でも安心して使える自動売買取引です。少ない利益をコツコツ稼いでいく戦略です。

インヴァスト証券 / シストレ24

シストレ24は世界中のプロ投資家が作成した優秀なストラテジー(戦略)の中から気に入ったものを選ぶだけで、簡単にFXの自動売買をすることができる人気のFX自動売買ツールです。特別なソフトや道具は一切必要ありません。

FXトレード・ファイナンシャル / MT4

MT4(メタトレーダー4)を活用したEA(エキスパートアドバイザー)での自動売買が可能。FX自動売買の主役はMT4です。自身で作成したEAを取り込み独自のシステムトレードや、選りすぐりのEAでの売買戦略で自動売買が可能です。