システムトレードって楽しい!」をすべてのシステムトレーダーに。

システムトレードの魔術師 > FX自動売買会社の選び方 > 連続発注機能 / リピート系発注機能のFX会社選び3つのポイント

FX自動売買会社の選び方

連続発注機能 / リピート系発注機能のFX会社選び3つのポイント

「連続発注機能は新しいFX自動売買の新しいスタイルだよ!」と伝える女性

連続発注機能 / リピート系発注機能はどのように選べばよいだろう? FX自動売買・システムトレードに興味を持たれたばかりの方はよく理解できていませんよね。ここでは、ピッタリ合った選び方ができる比較ポイントをご紹介いたします。

1.使いたい連続発注機能によってFX会社を選ぶ

連続発注機能は新サービスが続々登場していますが各FX会社の特許の問題によって使える場所が限られています。

トラリピを使いたい場合にはマネースクウェア・ジャパン。ループ・イフダンを使いたい場合にはアイネット証券や提供を受けているひまわり証券となります。

  • トラリピ / マネースクウェア・ジャパン
  • iサイクル注文 / 外為オンライン
  • ループ・イフダン / アイネット証券、ひまわり証券
  • FXトレーディングシステムズ / トラッキングトレード
  • 連続予約注文 / マネーパートナーズ

2.取引コストから連続発注機能を選ぶ

FXのコストは「取引手数料」と「スプレッド」の2つです。最近は手数料無料のFX会社も増えてきましたが自動売買を主体としているFX会社は手数料を取るところが多いですね。

ここは各社是非、改善して欲しい課題点ですがシステムの利用料として割り切る必要があるかなと思います。しかし、その中でも各社サービス合戦を繰り返しており取引コストに差があります。

FX会社名 サービス名 取引単位 取引手数料 ドル円スプレッド
外為オンライン iサイクル注文 1,000通貨 20円
(1,000通貨の場合)
1.0銭 原則固定
マネーパートナーズ 連続予約注文 1万通貨 無料 0.5銭 原則固定
アイネット証券 ループ・イフダン 1,000通貨 無料 2.0銭 原則固定
ひまわり証券 ループ・イフダン 1万通貨 108円 2.0銭
マネースクウェア・ジャパン トラリピ 1,000通貨 30〜50円
(1,000通貨の場合)
-

もし、トラリピでの資産運用を考える場合には一択となりますが、ループ・イフダンの場合には2社から選ぶことができます。取引コストを考えた場合にはアイネット証券が有利となりますね。

3.運用ランキングから連続発注機能を選ぶ

取引コストが少しかかったとしても実際の取引の利益で埋めることができれば大した問題ではありませんよね。

連続発注機能サービスを提供している各社は売買システムのランキングを公開していますので利用前にチェックしてみましょう。

おそらく、シストレ超初心者が今もっとも稼ぎやすい戦略はこの連続発注機能を使った自動売買だとシストレばかは感じています。

連続発注機能で比較したおすすめFX会社ランキングを見る>>

統計学を重視するFX自動売買・システムトレード

毎日コツコツ稼げるFX自動売買・シストレ超初心者も安心できるFX会社

外為オンライン / iサイクル注文

外為オンラインが提供する人気のiサイクル注文は特許を取得し47万口座を達成しました。連続発注機能シストレは時間の無い方や初心者の方でも安心して使える自動売買取引です。少ない利益をコツコツ稼いでいく戦略です。

インヴァスト証券 / シストレ24

シストレ24は世界中のプロ投資家が作成した優秀なストラテジー(戦略)の中から気に入ったものを選ぶだけで、簡単にFXの自動売買をすることができる人気のFX自動売買ツールです。特別なソフトや道具は一切必要ありません。

FXトレード・ファイナンシャル / MT4

MT4(メタトレーダー4)を活用したEA(エキスパートアドバイザー)での自動売買が可能。FX自動売買の主役はMT4です。自身で作成したEAを取り込み独自のシステムトレードや、選りすぐりのEAでの売買戦略で自動売買が可能です。