システムトレードって楽しい!」をすべてのシステムトレーダーに。

システムトレードの魔術師 > FX自動売買会社の選び方 > メタトレーダー4提供国内FX会社選びで押さえておくべきポイント

FX自動売買会社の選び方

メタトレーダー4提供国内FX会社選びで押さえておくべきポイント

ロシアのMetaQuotesSoftware社が開発したメタトレーダーを使う男性を見て微笑むロシア女性

メタトレーダー4提供FX会社はどこを選ぶのがベストだろう。これからのFX取引に優位性を持たせるためにしっかり選んでおきたいですよね。ここでは、初心者の方でも分かりやすく比較ポイントをご紹介します。

1.MT4トレードツールに違いは無い

現在、国内では10数社がMeta Trader4 (MT4)をサービス提供しています。

MT4は国内よりも世界で評価を集めているトレードツールですので、海外も含めると膨大な数となります。各社においてMT4のトレードツールとしての違いはほぼありません。

異なる部分は、初回入金額、手数料、取引単位、通貨ペア、スプレッド、約定力、日足の数、キャンペーンなどです。

すでに国内のMT4サービスで経験がある方は海外のMT4サービスで口座開設するのはありですが、はじめて使う方は入出金や言語の問題がありますので国内の方が好ましいと言えます。

それよりもFX取引に対する経験や戦略開発に時間を使うのが良いですね。

2.取引コストを重視する場合には「取引手数料」と「スプレッド」

現在、レバレッジは規制により一律で最大25倍に制限されています。

取引手数料もほとんどの業者が無料です。資産の保全も信託保全の規制有りとなっています。すると、FX取引の中でかかるコストはスプレッドということになります。

FX会社名 1週間の日足の数 1,000通貨 取引手数料 ドル円スプレッド
FXトレードファイナンシャル 5 無料 0.3銭
みんなのシストレ 6 無料 -
FOREX.com (フォレックス・ドットコム) 5 無料 1.3-1.9銭
外為ファイネスト 6 無料 0.4 銭 上限1.0銭
OANDA Japan(オアンダジャパン) 5 無料 0.4銭 (原則固定)
東岳証券 5 無料 2.4 銭 上限2.9銭
楽天証券(旧FXCMジャパン) 5 2円
(1,000通貨の場合)
平均 0.36銭

取引コストから考えた場合、優れているのはFXトレードファイナンシャル、楽天証券、OANDA Japan(オアンダジャパン)となります。

外為ファイネストも優れていますが日足が6本表示の部分が課題点ですので評価を落としています。ただ、やはり全てで100点満点取れるFX会社は無いということですね。

3.FX会社は1つに絞らない

いざ、Meta Trader4(MT4)を使ってみようかと考えても、おそらく100%満足できるFX会社はないだろうと思います。

各社、一長一短があります。1つに絞って口座開設するのではなく興味がある数社を試してみるのが良いですね。実際に口座開設をしないと約定力の良し悪しを完全に理解することは難しいです。

口座開設や維持手数料は無料なので、2社〜3社に口座開設後、利用感をチェックしてみるのがおすすめです。

高性能なメタトレーダーで比較したおすすめFX会社ランキングを見る>>

統計学を重視するFX自動売買・システムトレード

毎日コツコツ稼げるFX自動売買・シストレ超初心者も安心できるFX会社

外為オンライン / iサイクル注文

外為オンラインが提供する人気のiサイクル注文は特許を取得し47万口座を達成しました。連続発注機能シストレは時間の無い方や初心者の方でも安心して使える自動売買取引です。少ない利益をコツコツ稼いでいく戦略です。

インヴァスト証券 / シストレ24

シストレ24は世界中のプロ投資家が作成した優秀なストラテジー(戦略)の中から気に入ったものを選ぶだけで、簡単にFXの自動売買をすることができる人気のFX自動売買ツールです。特別なソフトや道具は一切必要ありません。

FXトレード・ファイナンシャル / MT4

MT4(メタトレーダー4)を活用したEA(エキスパートアドバイザー)での自動売買が可能。FX自動売買の主役はMT4です。自身で作成したEAを取り込み独自のシステムトレードや、選りすぐりのEAでの売買戦略で自動売買が可能です。